外資系転職・昇進・海外赴任・駐在

Life Change 英会話

仕事で英語が必要になった!でも中学・高校英語のやり直しからは大変すぎる?復習はほどほどに、ビジネスの現場で使える英語力を養おう。

英語の学習法

仕事で英語が必要になった!でも中学・高校英語のやり直しからは大変すぎる?復習はほどほどに、ビジネスの現場で使える英語力を養おう。

 

「中学・高校英語をやり直したい」と思う人の動機は様々でしょう。

外資系企業に勤務する、海外赴任する、など様々な理由で英語の勉強をしなきゃな・・・と思いまずは「中学・高校英語をやり直そう」という人はたくさんいます。

 

中学・高校英語をやり直すのであれば、まずは基本的な単語や文法、熟語などのインプットから始めることになります。

中学英語の復習でまずは簡単な単語と文法を思い出します。

その後にさらに一歩踏み込んだ文法(構文など)を高校英語の参考書などで復習する流れになるでしょうか。

 

この記事では、自身の英語水準の確認方法と、中学、高校英語を復習するときに役立つ参考書を紹介します。

最後に、「ビジネスの現場」で使える英語を学ぶにはどのような学習方法が最適なのかも解説していますのでぜひ参考にしてください(結論は高校英語の復習などいらない、という内容になっています)。

 

中学英語まで遡ってみよう、自分の水準を復習で再確認。

高校英語を復習するにも、そもそも自身のレベルは本当に高校レベルなのかを見極める必要があります。

中学英語の教材をみて、覚えていない部分が多い場合、高校英語を勉強し直す前の問題でもあります。

寧ろ重要なのは高校英語よりも中学英語だったりします。

 

基本的な単語や文法のエッセンスは全て中学英語に詰まっており、高校英語はどちらかというと「暗記」がメインとなるからです。

現在進行形、過去形など、基本中の基本の文法さえ理解できれば後は高校英語で仮定法や分詞構文など文法派生を覚えるだけだからです。

あまりにも細かすぎますし、受験勉強で英語コミュニケーションは今のところ日本ではほぼ存在しません。

 

理解するものではなく、暗記するものであり、ビジネスの現場などで実践に役立つものは実はそこまで多くありません。

高校英語をやり直す、というより、中学英語をある程度復習した段階で、思いっきりビジネスに使える英語の学習をすることが社会人の最適解です。

 

以下の中学・高校英語のやり直しにおすすめの参考書を紹介した上でさらに詳しく説明します。

ビジネスで英語が必要になった!という人は短時間復習型の参考書でサクッと昔学んだことを思い出して、ビジネス英語を学ぶステージへ早く移行しましょう。

 

中学・高校英語のやり直しにおすすめの参考書

最初にバッサリと言ってしまい恐縮ですが、どの本でも良いです。

基本的に網羅的に復習できる本であれば内容は一緒です。情報を入れる角度が違うだけなので、手取り早いのは3冊くらい一気に買ってそれぞれ一周読めば良いでしょう。

むしろ一冊買ってその本に固執する方が非効率です。

 

中学校3年間の英語を10時間でやり直す本

 

見やすくわかりやすいと評判の書籍が「中学校3年間の英語を10時間でやり直す本」です。

基礎から軽く復習したいという人におすすめです。本格的な復習にはあまり向きません。

例文が実用的で、練習問題も掲載されています。

 

中学英語をまんがでやり直す本

 

 

中学英語をまんがでやり直す本」は要所要所に漫画の導入があり、難しい文法など解説の「緩和」が意識された構成となっています。

内容としては、基礎英文集がついており、覚えた文法をどの場面で使うのかをすぐに理解できる点が秀逸です。

中学英語の基礎的な文法が網羅されており、英語から離れてしまった時間が長い人は一読すると昔に勉強した記憶がかなり戻ってくるでしょう。

 

中学・高校英語を10時間でやり直す本 エッセンスだけを最速で理解!

2015年出版の「中学・高校英語を10時間でやり直す本 エッセンスだけを最速で理解!」。

英語の文法などルールに大きな変化はないので、少し前の書籍でも問題ありません。

内容としては、先生と学生の対話形式で説明が進みますので、余計な脳のストレスを感じさせず、読みやすい構成となっています。

英語の基礎文法を思い出すのに非常に役立ちます。

 

マンガでカンタン! 中学英語は7日間でやり直せる。

 

マンガでカンタン!中学英語は7日間でやり直せる。」は全編漫画で英語の復習ができる書籍です。

英語が苦手な人には強い味方でしょう。英語の文章の法則性をこの本で学び、その後に本格的な参考書にステップアップするには重宝します。

サクッと中学・高校英語を復習したい社会人の人にもおすすめです。英語に苦手意識のある人はこちらの書籍で緊張を緩和しましょう。

 

図解 中学3年間の英語を10時間で復習する本



図解 中学3年間の英語を10時間で復習する本 (中経の文庫)」は過去の中学時代の英語学習を「思い出すため」の書籍です。

一から学びたい人向けではなく、本当に復習に特化した内容になっています。

 

ビジネスの実践ですぐにでも英語力を飛躍させたい方は中学英語の復習で十分

これは独自の意見になりますが、そもそもビジネスで英語を使うので中学、高校の英語を復習に多くの時間を使うべきではありません。

そもそもビジネスの実践で英語が必要な人は、グローバルな企業に務めており、それなりに英語学習をしてきた人である、という前提での意見です。

 

上記のような書籍で短時間で中学英語の復習をし、すぐにビジネスの現場で使える英語力を養うことに特化しましょう。

なぜ中学・高校の英語学習に時間をあまり使うべきでないかは歴然としています。

 

それは、日本の学校で学ぶ英語は「文法訳読方式」です。

文法の説明と和訳を中心に日本の学校では授業が行われ、双方向のコミュニュケーション型で授業をしないことにより、「世界に通用する英語話者が誕生しにくい国」と名声を欲しいままにしているのが、我々の育った国、日の丸ニッポンです。

 

中学英語・高校英語の復習をするということは、この「文法訳読式」を中心に据えた、大学受験向けの英語を再度学ぶということです。

しかし、文法ばかりを勉強していてビジネスの現場で、英語で行われる会議でプレゼンスを発揮できるのでしょうか?

 

これは明確に、できないと断言します。ビジネスにはビジネスで使うべき英語があります。

日本の文法訳読方式で世界のビジネスパーソンと英語で渡り合えるようになるのであれば、東京大学の大半の学生が活躍できてしまいます。

筆者の経験(某日系大企業)では、実際に東京大学の卒業生でも、英語で会議を円滑に進行、または交渉の場で明確に自分の考えを述べ、良い方向に議論を導ける人というのは決して多くありません。

(東京大学卒の人全てが仕事ができるわけではない、という議論と酷似してしまいますが)

 

よって、帰国子女や留学経験者でない限り、ビジネス英語を学ぶにはほとんどの人が相当な時間を要します。

(帰国子女や留学経験者は日本語の「敬語」を覚えるような感覚で早期に習得可能)

 

しかし、ビジネス英語を学ぶ上で中学英語の基礎は必要です。復習した上で、ビジネス英語の習得に励みましょう。

ビジネス英語を学んでいく過程で、気づいた時には高校英語で覚えた文法を知らず知らずに使っていた、ということにもあとで気づくはずです。

分野を特化して深掘りすると、付随知識が勝手についてくるはずです。

 

筆者の友人の商社マンなどは、中国語やスペイン語でビジネスをしています。

実際に彼らは、本当に簡単な文法と単語を学習した上で、一気にビジネスで使える言語にすべく、商談の現場でよく使われる単語、表現、そしてコミュニュケーションスキル自体の向上に短期間で取り組んでいるという話でした。

 

ビジネスで使える英語を学ぶ方法

ビジネスの現場でよく使われる英単語、表現、英文法、そして、英語を通した「コミュニュケーションスキル」。

外資系に勤める方、日系大手企業でマネジメントをしている方、海外赴任する方などはもはや上記は必須スキルです。

そして、今後のキャリアの向上にも大きく寄与するのが、「ビジネス英語力」です。

 

しかし、なかなか社会人は忙しく、時間を捻出し、腰を据えて学ぶには相当な覚悟が必要です。

1000時間理論という1000時間の学習で現場で使える英語水準になるという話もあります。

しかし、毎日の勉強の質や、意味のある勉強をしているかどうかがわからないため、「これだけやったら大丈夫」という考え方はナンセンスです。

 

短期で学び切ろうとするのはやめましょう。あくまで長期でビジネス英語も学習していかなければなりません。

しかし、学習を始めてすぐにつまづいてしまう人は少なくありません。そのまま英語がいつまでも苦手で、ビジネスでも苦手意識を持ってしまいキャリアを棒に振ってしまうこともあるでしょう。

最初が肝心です。最初に「正しい勉強方法」で、心折れずに」をこなす必要があります。

 

自分のキャリアは自分で作っていく必要があります。ビジネスの世界は「戦争」です。強力な武器がいくつも必要です。

ビジネス英語が苦手な日本のサラリーマンが多い中、高い水準の「ビジネス英語力」は強力な武器になります。

 

投資とリターンの思考が大事。ネットプレゼントバリューはどれくらい?

ここまで書いて、最後はどうしても「コーチング式英語スクール」を紹介してしまいます。

巷では高額だと言われることもありますが、筆者からすれば非常にコストパフォーマンスが優れています。

 

詳しくは以下の記事に譲りますが、簡単にいえば、「正しい勉強法」で「心折れることなく」「量をこなせる」が全て揃っているのが「コーチング式英語スクール」なのです。

 

社会人に人気の英語コーチングとは?その魅力と効果、高額なコーチング式英語スクールに通うメリットデメリットや相場料金を解説。

 

各スクールで料金は異なりますが、相場としては3ヶ月短期集中型で50万円程度でしょうか。

べらぼうに高いですね。こんな大金を払って挫折したらどうしよう、サービスの質が低かったらどうしようと不安になってしまいます。

 

まずは50万円という数字、将来的にあなたが出世した場合に、どれくらいの年収になりますでしょうか。

あなたが外資系に転職したらどれくらいの収入になるでしょうか。海外赴任の場合は、現場で結果を出した後のキャリアを考えると良いでしょう。

 

年収が600万円→700万円になり、だいたい2年くらい700万円が続くとすれば、(700×2)-(600×2)=200万円ですね。

50万円の「投資」をして200万円(NPV)稼いだ、という考え方をしましょう。しかも、まだまだアップサイドのキャリア、年収の可能性を秘めています。

ビジネスと一緒です。事業投資と同じです。工場を作って最初は赤字だが3年後、5年後、10年後、どの時点でペイバックなのか、どこから青天井の利益になっていくのか。

 

その他にも、ビジネス英語力があれば、海外の出向先会社でも部下に効率的に指示が出せる、契約書内容もスラスラ入るなど、それにより重要な、やりがいのある案件を任されるようになった、残業が減ったなどでも良いです。

このような無形のリターンも、人によっては設定できるでしょう。

 

「リターン」が明確に描けないのであれば、コーチング式英語スクールに通うのはやめましょう。

リターンのないものに投資をしてはいけません。これは人生で平均を上回り続けるための鉄則です。投資は遊びではないので、本気の人におすすめです。

 

まとめ

結論、グローバルなビジネスの現場に身を置く人、英語が必要な人は「中学英語をサクッと復習してコーチング式英語スクールでビジネス英語の初期ブーストをしろ」という話でした。

筆者の経験則からもこれは英語を学習する上で高い角度で間違いない方法であり、自信を持って推薦できます。

ただし、スクール選びは気をつけましょう。できれば、「コーチングスキル」の高いスクールを中心に選ぶことをおすすめします。

英語の専門性での差別化は情報が溢れる現代では業者側からしても難しいと思います。

 

 

-英語の学習法

Copyright© Life Change 英会話 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.