外資系転職・昇進・海外赴任・駐在

Life Change 英会話

一般教育訓練給付制度を活用してビジネス英語の戦闘力を飛躍させよう。制度が活用できるコーチング式英会話スクールなどを紹介。

英会話スクール

一般教育訓練給付制度を活用してビジネス英語の戦闘力を飛躍させよう。制度が活用できるコーチング式英会話スクールなどを紹介。

 

本日は全てのサラリーマン必見の内容です。

中長期でキャリアを飛躍させるにあたって必須の武器といえる「ビジネス英語力」。

 

この武器を手にするにあたり嬉しい国からの手厚いサポートがあります。

それが、(会社員の「特権」ともいえる)「一般教育訓練給付制度」についてです。

 

英語を学ぶにあたり一つの有力な選択肢となる「英語スクール」ですが、どうしても心理的に高額だと感じてしまう人にとっては特に活用必須の情報です。

(英語スクールで集中して学ぶことは、短期で考えても、TOEICの点数アップ、目の前の仕事(英語を使った会議など)ですぐに使えるなど即効性もありますので、ぜひ参考にしてみてください)

 

 

一般教育訓練給付制度とは?専門実践教育訓練給付金との違い

一般教育訓練給付制度とは、とても簡単に言うと、国があなたの勉強を資金面でサポートしますよ、という制度です。

 

私たちは日々、一生懸命会社で働いて、給料を稼ぎ、その中から高額な税金を支払っています。

「税金は皆んなが払うもの、仕方がない」と諦めてしまいそうですが、実はこんな形で国は国民に還元していたのです。

このような制度は全部使ってやろう、くらいの勢いで活用しましょう。

 

給付金は最大10万円支給です。支払った訓練諸経費の20%が限度額設定とされています。人生を変える英語学習の経費はどうしても高くつくのに、それが20%オフになるのです。

 

今の時代でビジネス英語力を身につけるにはマストです。ビジネス英語すら話せないサラリーマンの居場所はどんどんなくなっていきます。

もしキャリアを諦めない、健全なサラリーマンであるならば、そして一念発起、高額な「コーチング式英語スクール」に通う気概があるのであれば、この給付金制度も絶対に活用しましょう。リターンが凄まじいです。

 

レッスン料金や入会金、テキスト代などの負担が減り、心理的にも「失敗できない」と気負いすぎてしまう人には安らぎになるでしょう。

 

細かい話になって恐縮ですが、教育訓練給付制度には一般教育訓練給付金「専門実践教育訓練給付金」の2種類があります。

コーチング式英語スクールの場合「一般教育訓練給付金」が該当。「一般教育訓練給付金」はキャリアアップを目指す人が活用する制度です。

 

「専門実践教育訓練給付金」の方は翻訳、通訳など、専門性の高い資格の取得を目指す人のための制度です。

 

教育訓練給付金とは

働く方の主体的な能力開発の取組み又は中長期的なキャリア形成を支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とし、教育訓練受講に支払った費用の一部が支給されるものです。

また、初めて専門実践教育訓練(通信制、夜間制を除く)を受講する方で、受講開始時に45歳未満など一定の要件を満たす方が、訓練期間中、失業状態にある場合に訓練受講をさらに支援するため、「教育訓練支援給付金」が支給されます。

引用元:厚労省(教育訓練給付制度)

 

教育訓練給付金とは

 

 

少し詳細をお伝えすると、一般教育訓練給付制度とは一定の条件を満たした会社員の方、つまり「選ばれし者」が申請可能。

ただし、支給額を受け取るには、厚生労働大臣(国の偉い人)が指定した「一般教育訓練給付制度対象コース」を受講する必要があります(後に触れますが今話題のコーチング式英語スクールも対象です)。

受講後の申請で払い戻しがあるので、一時的なキャッシュフローの負担は目を瞑るしかありません。

 

さて、この一般教育訓練給付金を受け取るには「選ばれし者」になる必要があります。

選ばれし者になり「特権」を享受する必要があります。条件を見ていきましょう。

 

「一般教育訓練給付制度対象コース」の受講資格

キャリアアップを目指すサラリーマンの方が活用すべきは一般教育訓練給付金です。

こちらを受け取るには「一般教育訓練給付制度対象コース」を受講することになります。

 

条件としては以下の通りです。雇用保険の給付制度ですので、雇用保険加入期間が条件になってきます。

  • 初回:雇用保険加入期間が通算1年以上
  • 2回目以降:雇用保険加入期間が通算3年以上(初回受給から3年以上経過)

(二回以上活用できる時点で破格の待遇とも言えます、活用するのは早ければ早いほど良いです)

 

グローバルキャリアを目指すようなサラリーマンであれば楽勝ですね。日系大手企業のサラリーマンは基本的に年功序列で給料が上っていく条件下で働いています。

雇用保険加入期間が1年以下の方が稀でしょう。

 

外資系であれば転職前提のキャリアになりますが、同じ会社に勤めている必要は全くなく、転職間際の空白期間(自己啓発期間・・・)が1年以内であれば二回目以降の条件もクリアできます。

自分が条件を満たしているかどうか不安な人はハローワークに問い合わせればすぐに確認できます。簡単です。

 

もう会社を辞めてしまって、「戦略的フリーター状態」だが英語を学びたいという方でも、離職日の翌日から1年以内であれば問題ありません。

制度適用されます。安心してください。

 

これらの制度は、申請や制度について調べるのが面倒に感じることもありますが、一般教育訓練給付制度に関しては本当にサクッと申請して終わるので、ぜひ活用しましょう。

 

「正社員」として働いている人全員の「特権」です。

「面倒だからそのままスクール申し込みしてしまおう」と考える忙しいサラリーマンは多いです。

 

しかし、そもそも忙しく働いて稼いだあなたの給料から高い保険料や税金がピンハネされていることに気づきましょう。

しっかり、給付金を活用していかないと、搾取されたままになってしまいます。賢く、生きていきましょう。

 

ライザップイングリッシュやプログリットなど、コーチング式英語スクールは高額なので目を逸らしていた人も多いでしょう。

しかし、10万円オフになってくると話は変わるのではないでしょうか。今後のキャリア生活を考えて、給付金制度がなくなってしまう前に覚悟を決めてビジネス英語を学ぶのかどうか、胸に手を当てて考えてみましょう。

 

 

一般教育訓練給付制度を活用してコーチング式英語スクールで学ぶ場合

「一般教育訓練給付制度」を利用する場合、スクール選びが肝になります。

対象講座が存在しない場合、給付金を貰えません。ただし、難しい点として、本当はこのスクールが自分には合っているはずなのに、どうやら対象講座が存在しないという場合です。

 

スクールのホームページなどで、一般教育訓練給付制度の対象講座についての説明がない場合は実際に問い合わせをすることになります。

また、スクールによって修了基準が変わります。受けたい講座が給付金の対象ではなかった場合も給付金が貰えないので要注意です。

 

調べるのは面倒なので、筆者がここで一般教育訓練給付制度が適用されるスクールとコースを列挙しておきますので参考にしてみてください。

自分に合ったスクール、そして給付金が貰える講座があると良いですね。

 

 

「一般教育訓練給付制度」が適用されるコーチング式英語スクールと学習コース

基本的に英語スクールのホームページに「一般教育訓練給付制度」を使って我がスクールで勉強をしなさい、というページがあるはずです。

筆者の推しの「ライザップイングリッシュ」にも当然あります。

RIZAPイングリッシュを例に少し見ていきましょう。

 

一般教育訓練給付金制度とは?

 

一般教育訓練給付金制度とは?

 

RIZAP ENGLISHの一般教育訓練給付金制度対象プランは以下の通りです。

TOEIC® L&R TESTスコアアップコース(24回)が適用になっています。50万円と高額ですが、20%オフの40万円になります。

1/5が返還されるというのはとても大きいです。

 

50万円の株を40万円で買えると考えると、すでに20%の利益リターンを獲得したことになります。世界の投資家ウォーレンバフェットですら平均リターンは20%程度です。

20%とは、とても重い金額であることを認識しましょう。

 TOEIC® L&R TESTスコアアップコース(24回)

 

このTOEIC® L&R TESTスコアアップコース(24回)に向いている人は以下のような人とされていますね。

  • リーディング力、リスニング力を向上・強化したい方
  • ビジネス英会話の土台となる知識を身につけたい方
  • TOEIC®L&R TESTのスコアアップを目指している方

24回通い、修了証を貰い、その後にハローワークへ申請すれば、10万円が戻ってきます。

これでもよくわからなければ、ライザップイングリッシュのカウンセリングで詳しく話を聞けばサポートしてくれると思います。簡単ですね。

 

その他は徘徊してみると以下のようなスクールが紹介していました。全てのスクールがこぞって「給付金を使って英語を学べ」と言っていますね。

このように給付金活用ページを設けているのは、経営者としてあるべき姿だと思います。英会話スクール業界は競争が激しいので、この波にも乗れないようなスクールは本質的に良いサービスを提供する手腕も疑ってしまいます。

 

  1. PROGRIT(プログリット)
  2. ENGLISH COMPANY(イングリッシュカンパニー)
  3. ベルリッツ
  4. スパルタ英会話
  5. ECC外語学院
  6. シェーン英会話
  7. GABA
  8. ワンナップ英会話
  9. ステージライン
  10. イーオン

 

まとめ

補助金は積極的に活用していきましょう。

コーチング式英語スクールは、本気の人であれば間違いなくキャリアを向上させる武器を手にできる、現代的裏技とも言える学習方法です。

詳しくは以下の記事に譲りますが、英語学習で5年、10年スパンでキャリア上リターンを見込めるかどうかを判断材料にして、取り組んでいきましょう。

 

 

社会人に人気の英語コーチングとは?その魅力と効果、高額なコーチング式英語スクールに通うメリットデメリットや相場料金を解説。

 

-英会話スクール

Copyright© Life Change 英会話 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.