外資系転職・昇進・海外赴任・駐在

Life Change 英会話

ライザップイングリッシュ英会話3ヶ月コースを受講!気になる第1回目の感想をお伝えする!

ライザップイングリッシュ(RIZAP ENGLISH)

ライザップイングリッシュ英会話3ヶ月コースを受講!気になる第1回目の感想をお伝えする!

筆者は短期間に英会話力を伸ばす必要性に迫られており、様々な英会話スクールを比較しました。

結果として目ぼしい英会話スクールについては体験講座を受講していきました。

ライザップイングリッシュもその一つです。

ライザップイングリッシュについては事前の調べで理論やサービスの質並びに価格という観点から注目していました。

 

 

ライザップイングリッシュのオンラインでの体験講座を受けた結果、

ライザップイングリッシュについて以下の点で納得感があったので決意を込めて本講座を受講することに決めました。

  • 英語をあげるためのメソッド
  • 徹底したコーチング
  • カウンセラーの誠実さ

無料体験については以下の記事で詳しく纏めています。

 

コーチング型英語塾のライザップイングリッシュ(RIZAP ENGLISH)のオンライン無料体験に参加!カウンセリング内容と感想を共有します。

 

今回はいよいよライザップイングリッシュの第一回ということで初回の講義内容について感想を含めてお伝えしていきたいと思います。

おそらく個々人の実力に応じて内容が違うという感じだったので、あくまで参考としていただければと思います。

 

トレーナーからヒアリングを受ける

筆者はオンライン受講でしたので、ズームを開くと初めて今後3ヶ月間お世話になるトレーナーと対面することになります。

トレーナーと対面してから愈々ライザップイングリッシュとの3ヶ月間が開幕します。毎週2回セッションがあり、他のスクールと比しても充実したサポート体制となっています。

 

筆者のトレーナーは帰国子女ではないながらも、ご自身で大人になってから英語圏に留学して英語を体得した方でした。

思春期を超えてからの英語を習得する難易度は高く、筆者が目指すところでもあるので大変参考になる方をアサインしてくれたなという感想です。

 

何故、英語力を上げたいのかというモチベーションの確認

まず、最初にトレーナーからの英語を学ぶ同期の確認がなされます。

筆者は半年後に駐在を控えているため、早急に英会話を習得することを目的とする旨を伝えました。

やはりライザップイングリッシュのコーチングによる速度をお願いしたいということを繰り返し伝えさせていただきました。

 

英語使用頻度の確認

また、現在仕事でどれほど英語を使うかということも聞かれました。

筆者はメールやビデオ会議で週一程度使う程度であると伝えました。

 

ビデオ会議で使うといってもメインは上司がスピーカーとなっているので、筆者は殆どオーディエンスという状態になっています。

英語力でいうと昔受けたTOEICで525点であり、なかなか厳しいものがある旨をお伝えしています。

 

苦手分野の確認

次に具体的にどのような分野に苦手意識があるか?

という苦手意識の確認を実施してくれます。

 

筆者は単語と文法が苦手で、結局単語レベルをつなぎ合わせた文にならないということをお伝えしました。

トレーナー曰く、文法は言語習得の最後の最後の段階で漸く身につくため焦る必要はないとフォローいただきました。

 

コラム:どんな人が受けているのか聞いてみた!

筆者は差し迫った駐在に向けてという理由がありますが、他にどんな方が受けているのか聞いてみました。

すると、主に以下のような方が受けているとの回答が返ってきました。

 

  • 外資系企業に転職したい
  • 筆者のような駐在をしたい
  • 英語を勉強して自信をつけたい主婦の方
  • 夫の駐在に備えて英語の勉強をしておきたい方

 

など、様々な方の担当をされたことがあるそうです。

各人のニーズに合わせてコースを設計してくれる点は心強いなと感じました!

 

ライザップイングリッシュのプログラムの説明

いよいよライザップイングリッシュのプログラムに入っていきます。

ライザップイングリッシュでは英語脳を以下の通りと定義しており、各人の実力に合わせて英語脳を養成していくプログラムを組成していきます。

 

【英語脳とは】

  • 見たり聞いたりした英語を、英語のまま英語の語順で理解できること。
  • 自身の考えを、英語で文章を作り英語のまま伝えられること

 

ライザップイングリッシュのプログラムについては別記事で詳しく纏めていますので詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしていただければと思います。

 

短時間で効果を出す「ライザップイングリッシュ」の特徴とは?独自メソッドをコーチングで挫折せずに完遂させるプログラムが魅力的!

 

ライザップイングリッシュでは以下の3つのプログラムを組んでいます。

 

リスニング:6STEPS
スピーキング:高速変換
実践トレーニング:ネイティブとの会話

 

第一回目は時間の関係で、スピーキングと実践トレーニングについての具体的な説明がなされました。

ライザップイングリッシュ流の三つのメソッドについては上記で詳しく解説していますので詳細は省きます。

 

コラム:英語の処理速度が遅い理由とは?

英語をリスニングしている時に、意味が追いつけなくなって途中から諦めてしまうという方は非常に多いのではないでしょうか?

筆者も恥ずかしながら、その一人です。

 

なぜ、耳で聞いた英語を処理できなくなるのか?

という理論的な面についても説明がありましたので、印象深かったので取り上げたいと思います。

 

主な理由としては2つあるそうです。

1つ目は単純に単語や文法の処理速度が遅いことです。

そもそもとなる前提知識がないので、これは補強していく必要がありますね。

 

重要なのは2つ目で、後ろから日本語の語順で英語の意味を訳そうとしてしまうことが原因としてあるそうです。

例えば、以下の英語を例に用いて考えてみましょう。

 

Passengers of flight A17 bound for New York, with a stop in Atlanta.

 

この英語を聞いて多くの日本人は以下のように訳してしまうのではないでしょうか。

「アトランタで一時着陸があるニューヨーク行き、A17便の乗客」

確かに、正しい訳なのですが、この訳し方だと最後まで英文を聞いてからでないと訳することができません。

 

上記のような短い文の場合は、なんとか訳し切ることができます。

しかし、文が長くなり、次の文が矢継ぎ早に訪れる実践の英会話では、追いきれなくタイミングが訪れてしまうのです。

正しい訳し方としては、以下の通りとなります。

 

Passengers of flight A17 bound for New York, with a stop in Atlanta.

乗客             /     A17便の/  〜行き  /  ニューヨーク/ 一時着陸がある/アトランタで

 

前から訳していくことで処理速度を保ったまま英語を理解していくことができるのです。

このように日本語と英語のギャップを埋めながら第二言語を習得するためのメソッドについて詳しく説明してくれました。

 

シュクダイの説明

いよいよ次回のセッションまでのシュクダイの説明のパートとなります。

VERSANTの受験

まずは最初に英会話力の実力をはかるための試験を受けることをシュクダイとしてかされます。

テストの名前は「VERSANT」です。TOEICは点数が高いといっても必ずしも英会話力が高いとはいえません。

周りでも900点あっても実際の英会話では、ちぐはぐという方も多く見受けられます。

 

一方、VERSANTはAIによってリスニング力とスピーキング力を測定される多くの企業も導入しているテストです。

実践的な英会話力をはかるという意味ではVERSANTの方がTOEICより適したテストなのです。

以下でVERSANTについて詳しく解説していますので参考にしていただければと思います。

 

海外赴任前などに社員に受験させるべきテスト「VERSANT」とは?ハイスコアで英語力の信頼性を獲得しよう!試験対策・勉強法も解説。

 

VERSANTは、その場で携帯アプリで受講することができます。

時間も30分程度で即結果ができるので、恐る恐るではありますが受けてみようと思います。

 

高速変換のシュクダイ

今回説明のあった高速変換のシュクダイが出されました。

ライザップから届いた「究極の英会話」を元にシュクダイがだされました。

 

次回はシュクダイを行なった英文を元に、疑問文や否定文といった応用をトレーナーを通してチェックしていただくそうです。

しっかり、トレーナーを初回からがっかりさせないように励もうと思います。

 

CAMBLYを用いたネイティブとの実践英会話

1週間でセッションがない5日間はCAMBLYでネイティブとの英会話を30分間行うことを課されます。(当然プランの料金の中に含まれます。)

 

Cambly(キャンブリー)とは?ネイティブ講師が1万人以上在籍するオンライン英会話について解説。オンデマンドレッスンを活用して隙間時間も学習に充てよう。

 

ライザップイングリッシュでは、ただ外人とコミュニケーションを取りなさいという無責任なことは言いません。

トレーナーが毎週トピックを与えて、与えられたトピックに対して話す内容をノートに纏めます。

 

CAMBLYに繋いでネイティブ講師とアイスブレイクをした後に考えたスピーチをぶつけます。

スピーチ後にネイティブスピーカーに添削をしてもらいます。

講義が終わったら講師からのポイントをノートに纏めて、次回までにトレーニングでの課題を自己分析します。

 

そして、スピーチ以外の会話でも言おうとして言えなかった文章を日本語で書き出します。

その後、日本語から英語に直してトレーナーに報告メールをしていきます。

 

まとめと感想

初回ということで説明の占めるパートが多く占めましたが、しっかりと英語脳が醸成される仕組みについて理解することができました。

VERSANTのテストとシュクダイは大変ではありますが、隙間時間を見つけて頑張っていきたいと思います!!

それでは続報をお待ちください!

-ライザップイングリッシュ(RIZAP ENGLISH)

Copyright© Life Change 英会話 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.